スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プロフェッショナルの条件』P. F. ドラッカー 

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))P・F. ドラッカー Peter F. Drucker

ダイヤモンド社 2000-07
売り上げランキング : 969


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラッカー Druckerの『プロフェッショナルの条件』を読了したので、印象的だった部分と感想を記します。


どんな本?

Druckerの主な著作の部分部分を、Druckerの日本の分身と言われている上田惇夫氏が編纂したものです。邦訳版のみの発行。「はじめに」は本著のためのDrucker書き下ろしになっています。
本著は、複数のthemesについての論を集めた論文集です。そのため、興味のある箇所や、自分が現在課題に直面している箇所だけを拾い読みしても差し支えないかと思います。


全体を通しての感想

Drucker本を読むのは本著が初めてでしたが、下記2点の特徴から、本著(Drucker本全般?)は哲学書のように感じました。

・言葉、言い回しが抽象的
→「知識のダイナミクスは、組織に対し、一つのことを要求する。(中略)あらゆる組織が、自らが行っていることのすべてを体系的に廃棄できなければならないことを意味する。」(p. 34)

・字面通りの意味だけでなく、その背景にある意味を、自分の経験や状況に結びつけて理解する必要がある
→例)「コミュニケーションと情報は別物である」(p. 172)


(英語原文を確認していないのですが)邦訳だけでなく原文自体が、このような難解な説明の仕方をしているのでしょうか?確かにこれは、入門(解説)書がないと理解するのが難しいです…(^_^;)

とはいえ本著には、働く人間、特にDruckerが言うところの「知識労働者(※)」がどのように仕事に取り組むべきかについて本質を突いていると納得できる主張が多々あり、非常に内容が濃い一冊です。

※⇄肉体労働者=物を作ったり運んだりする人たち。例)製造業、農業、鉱業、輸送業


以下、当blogのthemesに関連する箇所につきまして、3箇所ご紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト

経験のある業界?新しい業界?~Johnの場合~ 

米Yahoo!で、キャリア選択に関する興味深い記事を発見したので共有します。

Which career path should John choose, emergency services or new industry?
※全文英語です

この記事は、キャリア選択に悩んでいる実在の米国人男性(ジョン John)を取り上げ、「彼はどちらを選ぶべきか?」と問いを投げかけています。記事の下には、読者のcommentsがずらりと並んでいます。

お題となる動画は(外国人向けでないため当然ですが)会話速度がnative speedであるため、速すぎて何を言っているか聴き取れない方々もいらっしゃるかと思います。TOEICよりも速いです。
とはいえ、動画の概要は記事本文に書かれていますので、本文を読むだけでもお題の内容はつかめるかと思います。

以下、そのお題の内容を日本語でご紹介します。

続きを読む

能力を最大限発揮する方法/『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術』 

成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス
成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネスジム レーヤー トニー シュワルツ 青島 淑子

阪急コミュニケーションズ 2004-10-22
売り上げランキング : 27141


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人の能力を最大限発揮させるにはどうすれば良いか?」

これは、私が追究していこうと決めたthemeです。
このthemeについて全体的な枠組みを述べている考え方に、この本で初めて出会いました。

「全体的な枠組み」とは、人の能力の源泉を(著者が考え得る範囲で)全て網羅していること。
「自分が好きな事をすれば高い能力を発揮できるよ」という考え方ーこれも私が追究していきたいthemeですが―は、あくまで高い能力を発揮させる方法の1つです。人の能力発揮度合いを決定する要素は、他にもあります。例えば、「睡眠の充分さ(寝不足でないこと)」、「心の安定度合い」、そして「環境の快適さ(暑すぎたり寒すぎたりしないなど)」があります。

これまで、これら要素の個々を取り上げた話は見聞きしてきました。しかし、要素を全て紹介して体系的に図説している本は私にとってこれが初めてであったため、新しい発見が多く、大変勉強になりました。


内容紹介

「どのような逆境のなかでも100%の実力が発揮できるようにする」ための方法を紹介(第一部)。さらに、それらの方法を実践し、習慣化させるための方法についても解説(第二部)。

目次は邦訳版の出版社(阪急コミュニケーションズ)の紹介pageをご参照ください。

続きを読む

成功法をどのように伝えるか? 

前の記事で、成功法の中には「人や状況によって合う/合わないがある成功法」があるという話をしました。

では、「人や状況によって合う/合わないがある成功法」は、同じ成功を望む他の人へ伝える必要がないのでしょうか?「確かに自分はこの方法で成功したが、この方法で万人が成功するわけではないし…」という思いが頭をよぎった時、どうすれば良いでしょうか?


全てには適用できない成功法でも、伝える価値がある

結論から言えば、「伝えるべき」です。あなたが実践して成功した方法は、確かに万人が成功できる方法ではないかもしれません。しかし、あなたと同様の状況に置かれ、同じ能力や資質を持つ人(不特定の誰かでOK)がその方法を知り活用できるようにするべきです。

続きを読む

成功法は万人向けではない? 

書店の自己啓発本やビジネス本の売り場へ行くと、成功法を紹介する本が数多く並んでいます。
しかし、それらの「成功法」は果たして万人にとっての成功法なのでしょうか?


私は、いわゆる「成功法」には2種類あると考えています。

・万人に共通の成功法
→その成功法の通りにやれば、誰でも成功できる方法。成功法がその1通りしかない場合も。
例)道順、機械の操作方法

・人により成功できる(成功しやすくなる)成功法
→特定の資質や能力、環境を必要とする成功法(成功法=環境×資質×能力)
成功法は1通りとは限らない。
※資質=生まれ持った性格や能力。心理的に気軽にできる/できないもの。大して訓練しなくとも上手にできるもの/その逆など。

例)「英会話が上手くなるには、外国人がよく来る店に行き外国人に話しかけまくれば良い」

実行者が行ける範囲に「外国人がよく来る店」がある必要がある・・・環境
「人見知りしない」・・・資質
「見知らぬ人に話しかけられる」・・・資質による所が大きい
「初対面の人と会話を弾ませられる」・・・資質による所が大きい

上記の条件を満たす人でないと実行自体が難しい上、いざ実行(話しかけ)しても会話が続かず成功(=英会話上達)できない。


自己啓発本やビジネス本で紹介されている「成功法」は後者です。「勉強法」も後者かもしれません。
人によって、性に合う方法/合わない方法があるのです。また、ヒット商品を生み出したりお金持ちになる方法は1通りではありません


ですから、成功法を学ぶ際には、

・その成功法は2種類のうちどちらか?
・後者の場合、その成功法は自分&自分の状況にも適用できそうか?


を吟味することをおすすめします。
そうすれば、「せっかく本に書いてあった通りにやったのに上手く行かない!(以下、成功本への愚痴)」といった事態を防げるかもしれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。