スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジョンへ進む原動力となる目的とは?(3) 

前の記事の続きです。

何かに向かって自分一人で頑張り【続ける】ための原動力には、
「しっかりとした」目的を持つことが鍵となります。

その「しっかりとした目的」の要素は、3つあります。
今回は、その3つのうち3つ目についてお話させていただきます。

その3つ目とは…


その目的が、他人のためであること。


これは必須条件ではありませんが、目的が他人のためであれば
頑張り続けるための原動力となります。

この「他人」とは、できれば顔が思い浮かぶほど
具体的であると良いです。
超具体的に「○○さん」だとなお良いです。

「○○(人)のため」の○○が具体的であることで、
心が折れそうになった時にその人の顔を思い出し
頑張ることができます。
「ここで挫けたら○○さんが悲しむ!自分は○○さんの
将来を背負ってるんだ!」
ぐらいの気概を持てると、奮起できます(これは少々大げさな例ですが)。

そして、その○○さんが自分の進捗報告相手だと
さらに、頑張り続ける原動力となります。
○○さんに進捗報告をして応援してもらったら、
「やってやるぞ!」とパワーが出ます。

ここで注意していただきたいのは、前の記事でも書いたように
「他人のため」だからといって自分の意志をおろそかにしてはいけません。
「自分がやりたいかどうか」、これが大事です。


…と、ここまで「しっかりとした」目的の要素について
お話してまいりました。
ご自身のビジョン実現の目的を、これらの要素があるか否か点検し
辛い時、苦しい時も頑張り続けられる原動力としましょう!

スポンサーサイト

ビジョンへ進む原動力となる目的とは?(2) 

前の記事の続きです。

何かに向かって自分一人で頑張り【続ける】ための原動力には、
「しっかりとした」目的を持つことが鍵となります。

その「しっかりとした目的」の要素は、3つあります。
今回は、その3つのうち2つ目についてお話させていただきます。

その2つ目とは…


自分が心底やりたいものであり、達成した状態を思い浮かべると
ワクワクするものであること。



目的には、他人からの強制や期待、義務や世間の通念に
よるものではなく、自ら「やりたい!」と思える動機が必要となります。

自らの意志でないことを「義務」や「やらされ感」
「周りの空気に流されて…」といった理由で頑張ろうとしても、
精神エネルギーが途中で尽きてしまうおそれがあります。
自らの意志でないことを(自分の心の声に反して)やることは
精神エネルギーを大量に消耗します。


もちろん、誰かの期待に応えることが原動力となる場合もあるでしょう。
(これについては次の記事でお話致します)

しかし「自分がやりたいことを目的とすること」
これは外さないでください。
「本当はやりたくないけれど、○○がやって欲しいと言うから…」
という理由での頑張りは、短期間は続くかもしれませんが
長期間にわたるであろうビジョン実現の道のりにおいては、
途中で燃え尽きてしまうおそれがあります。

ビジョンへ進む原動力となる目的とは?(1) 

前の記事の続きです。

何かに向かって自分一人で頑張り【続ける】ための原動力には、
「しっかりとした」目的を持つことが鍵となります。

その「しっかりとした目的」の要素は、3つあります。
今回は、その3つのうち1つ目についてお話させていただきます。

その1つ目とは…


「この目的のためなら、どんな嫌なこと、辛いこと、
苦しいことでも頑張れる!」と心底思えるものであること。



要は、「覚悟ができるかどうか?」ということです。
ビジョン実現への道のりは、決して平坦なものではないでしょう。
周りから(しかも親しい人からも)反対されたり、寝不足になったり、
お金に困ったり…そういうことが起こるかもしれません。

この覚悟が持てるかどうかで、いざ障害にぶつかった時に
差が出てきます。


あなたがご自身のビジョンを実現する目的は、
この覚悟が持てるものですか?



この話は、ビジョン実現だけでなく
仕事や何か努力を要する事に取り組む際にも当てはまります。
「嫌なこと、辛いこと、苦しいこと」が多い仕事には特に、
この要素を持った目的が必要です。

たとえば、会社のパソコンの壁紙や携帯の待ち受け画面を
ご家族の写真にしている方がいらっしゃいます。
その方は、「家族(の生活?)のためならどんなことでも頑張れる!」
と覚悟を持てるのでしょう。
仕事で辛くなった時には、そのご家族の写真を見て
ご自身を奮い立たせているのだと思います。


もし、「自分の目的はそこまでの覚悟が持てない…」
というのであれば、

「○○があればいいのに!」「○○がもっとこうなれば良いのに!」

と強く思ったことを思い出し、書き出してみましょう。
その思いがあなたのビジョンに関するものであれば
強い感情を思い起こすことで覚悟が持てるかもしれませんし、
あなたのビジョンとは異なるものであれば、
あなたが今まで気付かなかった
成し遂げたいビジョンが新たに見つかるかもしれません。

【目的】「目的」と「目標」の違いって? 

前の記事にて

「ビジョンへ向かって進める原動力
=しっかりした目的+実現(達成)できると信じる心」


というお話をさせていただきました。

では、ここからは目的についてお話させていただきます。


まず、混同されやすい「目的」と「目標」の違い
明らかにしておきましょう。

「目的」=最終的に実現したい思い。最終ゴール。

「目標」=目的へ至る途中の通過点。途中にあるハードル。
      目的が達成されるのであれば、達成できなかったり
      変更しても構わないもの。「手段」もほぼ同義。

学校受験でいうと、例えば「目的」=志望校合格、
「目標」=模試で合格判定、となります。最終的に志望校に
合格するのであれば極端な話、模試が0点でも構いません。

とはいえ、目的までの道のりが長い場合は途中でだらけやすいため、
途中に「頑張ろう!」と奮起できるハードル(この例の場合は模試)を
目標として挿むことで、だらけるのを防ぐ効果があります。
また、(勉強など測定できるものに限り)途中経過測定ができ
今までの振り返りや軌道修正をするきっかけにもなります。

しかし、この「目的」と「目標(手段)」、往々にして
取り違えられてしまいます…。
「手段の目的化」というやつですね。
「模試の結果が全て!」となってしまい、
模試の結果に満足して勉強をやめてしまう…など。


あなたが、ご自身のビジョンを実現する目的は何ですか?
ビジョンを実現してどうなりたい or 何をどういう状態にしたいのですか?

ビジョンの目的が自分でもいまいちよくわかっていない方は、
↓の方法で見つかるかもしれません。
この方法は、結構頭を使いますし疲れるかと思います。
しかし、ここで目的をしっかりと考え、明らかにしておくことで
これからビジョンへ向かって進むための土台(基礎体力)づくりに
なりますので、きちんと取り組んでいただければと思います。

-------------------------------------------

【目的を明らかにする方法】

1.紙やパソコンにビジョンを文字で書き起こして、
「なぜこうしたいの?」と自問自答し
答えを書いてみる(複数の答えを書いてもOK)。

2.1で出た答えに対し、さらに「なぜこうしたいの?」と1を繰り返す。
答えが出なくなるまで繰り返す。

3.2で出た最終的な答えに対し、
「これが実現すれば、他の(途中経過で出た)答えが
実現しなくてもOKか?」
と自問自答する。
⇒「OK」であれば、その答えがビジョン実現の目的かもしれません。
「NO」であれば、戻ってやり直してみましょう。
(途中経過で出た答えの中に、目的が隠れているかもしれません)

-------------------------------------------

最初に述べた通り、ビジョンへ向かって進める原動力となるには
「しっかりとした」目的が必要です。
それは具体的にどのような目的なのか、次の記事にて
お話させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。