スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プロフェッショナルの条件』P. F. ドラッカー 

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))P・F. ドラッカー Peter F. Drucker

ダイヤモンド社 2000-07
売り上げランキング : 969


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラッカー Druckerの『プロフェッショナルの条件』を読了したので、印象的だった部分と感想を記します。


どんな本?

Druckerの主な著作の部分部分を、Druckerの日本の分身と言われている上田惇夫氏が編纂したものです。邦訳版のみの発行。「はじめに」は本著のためのDrucker書き下ろしになっています。
本著は、複数のthemesについての論を集めた論文集です。そのため、興味のある箇所や、自分が現在課題に直面している箇所だけを拾い読みしても差し支えないかと思います。


全体を通しての感想

Drucker本を読むのは本著が初めてでしたが、下記2点の特徴から、本著(Drucker本全般?)は哲学書のように感じました。

・言葉、言い回しが抽象的
→「知識のダイナミクスは、組織に対し、一つのことを要求する。(中略)あらゆる組織が、自らが行っていることのすべてを体系的に廃棄できなければならないことを意味する。」(p. 34)

・字面通りの意味だけでなく、その背景にある意味を、自分の経験や状況に結びつけて理解する必要がある
→例)「コミュニケーションと情報は別物である」(p. 172)


(英語原文を確認していないのですが)邦訳だけでなく原文自体が、このような難解な説明の仕方をしているのでしょうか?確かにこれは、入門(解説)書がないと理解するのが難しいです…(^_^;)

とはいえ本著には、働く人間、特にDruckerが言うところの「知識労働者(※)」がどのように仕事に取り組むべきかについて本質を突いていると納得できる主張が多々あり、非常に内容が濃い一冊です。

※⇄肉体労働者=物を作ったり運んだりする人たち。例)製造業、農業、鉱業、輸送業


以下、当blogのthemesに関連する箇所につきまして、3箇所ご紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト

まずは、自分の感情を記録してみる 

もしいま突然、lampの精かなんかが自分の目の前に登場して

「これからあなたを、希望の仕事に就かせましょう。給料も含め、条件は全てあなたの望むままに!さて、どんな仕事がいいですか?」

なんて聞かれたとしたら、ちゃんとスラスラ答えられる?
それとも、頭が真っ白になってfreezeしちゃう?


自分のやりたい仕事についてちゃんと考えたことがないなら、答えられないのも当然。

でも、大丈夫。
今まで考えたことがないなら、これから考えればいいんです


「とはいっても、やりたい仕事とか、さらには人生の目的なんて…全然考えつかないよ!!」


という状態なら、いきなりそういうことを自分に問いかけるのではなくて、まずは自分の心理を客観的に見つめてみると鍵が見つかるかも。
自覚していなくても、(潜在意識によって?)無意識のうちに自分の感情や言動に表れているかもしれない。
まだ自覚はしていなくとも、自分の中に価値観や信念(=自分が大切にしていること、正しいと信じていること)ができているとしたら…それを明らかにして自覚すれば、そこを手がかりに自分の進路の希望が見えてくる。


で、具体的には何をすれば良いか?


私の場合、仕事日記をつけました。仕事について、自分が感じたこと、考えたことの記録。
「日記」といっても毎日書かなきゃいけないというruleはなくて、仕事で自分の琴線に触れる(強い感情を抱いた)出来事があった時や、自分の仕事について考え事をする時だけ。基本的に、そのnoteを書くのは自宅に一人でいる時。周りを気にせず、一人で考えを深められる時。
ちなみに、書いた日付をきちんと書いておくこともpoint。後から読み返した歳、いつどのようなことを考えていたのかがわかるから。

私はこの仕事日記のおかげで、自分の考えが明確になってきたし、自分が大切にしていることも見えてきた。自分なりの軸が明確になった。


自分の感情や行動を(紙であれPCなどであれ)文字に起こすと、自分のことを客観的に見ることができる。自分のことは、自分が一番近い存在であるがゆえ、見えにくくなってしまう時もあるから。


もちろん、すぐに自分の希望が見えてくるわけではない。
私の場合、(途中仕事に忙殺されすぎて中断期間があったものの)自分のやりたいことがはっきり見えてくるまで、日記をつけはじめてから1年半ぐらいかかった。
人によって見えてくるまでの時間は異なるだろうから、一概には言えないけれど。


…ということで、


<本記事のまとめ>

仕事に対する自分の意見・自分のやりたい仕事をまだしっかりと持てないなら、まずは自分が仕事で感じたことを記録し、客観的に見つめてみるとヒントが見つかるかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。