スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提案の練習をして人を動かす力を鍛えよう! 

自分のやりたい事を実現するために、誰かを説得しなきゃいけない時は出てくると思う。それも何度も。
たとえば仕事の上司、家族。それに、自分のやりたい仕事が自分で直接お客様に商品やserviceを売る商売の場合、「〇〇を買ってください!」と提案(営業)して、実際に買ってもらわないと成り立たない。

このような場面で必要なskillは色々あるかもしれないけれど、それらのうちの1つ、
「自分の提案をわかりやすく、かつ説得力をもって相手に伝えて、相手に自分の提案通り動いてもらう力」
…一言で言えば「人を動かす力」を鍛える良い方法を、今回は紹介するね。



★「人を動かす力」を鍛えるには、他者へ提案し感想を聴く経験を積むべし

今日は、私を含めた計4人が集まって、Power Pointで提案プレゼンテーション(意味は下記※参照。以下「プレゼン」)をし合ったよ。
提案内容は自由。提案相手は、他の3人のmembers。
そしてその後、プレゼンを聴いた3人から感想や質問、「その説明はもっとこうした方がわかりやすい」等の意見をもらう…という流れ。

他者へ提案プレゼンをするなんて、私としては約2年前の会社の研修以来だったんだけれど、久々にやってみて「これって『人を動かす力』がつくなー!」と実感したんだ。

※「プレゼンテーション」=情報や自分の提案・企画などを説明すること。提案の場合の王道の説明の流れは、「あなたは今、△△でお困りではありませんか?」→「それを解決するのが〇〇です。ぜひこれを使ってみてください」というもの(TV通販の宣伝も同様だね)。ちなみに「Power Point」とは、プレゼンテーションで使う紙芝居のようなもの(スライド)をPCで作成できるsoft。


★他者へ提案する2つのメリット

自分の考えや伝えたいことが整理できる
→自分ではわかっているつもりの考え(imageなど)でも、いざ言葉にしようとすると上手く言えないかも!?

「自分の考えは論理的か?考えが飛躍していないか?」のcheckができる
→他者へ伝えることを前提とせず自分の頭の中で考えているだけでは、独りよがりになる可能性有。当然、自分の意見に反対する人がいないのだから。


★他者から感想を聴くメリット

他者から感想や意見(改善のアドバイス含め)をもらうことで、自分一人では気付かなかった考えや自分の考え・提案内容の改善点に気付くことができる


これらのメリットにより、一人だけで練習するよりも「人を動かす力」=「自分の提案をわかりやすく、かつ説得力をもって相手に伝えて、相手に自分の提案通り動いてもらう力」が鍛えられるんだ。


★他者からの感想を聴きやすくするには

もう、これは
「気兼ねなく話せる人(友人など)」に「直接会って」提案するのがBestだね。

例えば相手が仕事の上司や先輩だと、自分が緊張して固くなっちゃう(ゆくゆくは緊張感も必要かもしれないけれど)。そして、目上の人からの意見は盲目的に受け入れがち。
友人など普段から気兼ねなく話せる相手の方が、相手だって率直に感想を言いやすいし、こちらだって相手に質問・反論をしやすい。特に批判や反対意見は、ただでさえ言い辛いものだからね、日本人にとっては。

それに、直接会って提案して感想を聴いた方が、電話代だって気にしなくていいし、お互いのちょっとした表情の変化だって感じ取りやすい。そういうのはもちろんTV電話やSkypeなどのVideo Chatでも可能かもしれないけれど、直接空間を共にした方が心理的にも壁を感じにくい。


反対に、BlogやTwitterなどで自分の意見を書いているだけだと、他者からの感想はもらいにくい。自分の意見をBlogやTwitterに書いても、BlogのcommentやTwitterの返信って、基本的にはもらえないもの。
(※ただし有名・人気Blogや有名人は除く)


★まとめ

自分のやりたい仕事を実現する際などに「「自分の提案をわかりやすく、かつ説得力をもって相手に伝えて、相手に自分の提案通り動いてもらう力(=人を動かす力)」が必要。よって、この力を鍛える必要がある。

「人を動かす力」を鍛えるには、他者へ提案し感想を聴く経験を積むべし。
できれば、「気兼ねなく話せる人(友人など)」に「直接会って」。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。