スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エレメント」「ワクワク」「強み」の共通点は? 

先週から今週にかけて『才能を引き出すエレメントの法則』『ソース』と二冊の本を
読んできましたが、これら二冊ともに、マーカス・バッキンガム著
『最高の成果を生み出す6つのステップ』に通じるものがあるな、と感じました。

最高の成果を生み出す 6つのステップ
最高の成果を生み出す 6つのステップ加賀山 卓朗

日本経済新聞出版社 2008-06-24
売り上げランキング : 41911

おすすめ平均 star
star強みを生かすための、具体的な方法が見えてきます
starまさに「実践」書
starホントに(!)強みを活かす人生が築けそう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ものすごく簡単にいうと、これら三冊の本はそれぞれ


『才能を引き出すエレメントの法則』…エレメント(才能と情熱が合致する場所)

『ソース』…ワクワクすること

『最高の成果を生み出す6つのステップ』…強み(自分を強いと感じる活動)


をすると、自分がhappyになったり良い事が起こるよ、
というような内容なのです。


そこで、実際に上記「エレメント」「ワクワクすること」「強み」の特徴を
それぞれの本を参考にノートに書き出して、共通点がないか探してみました。

続きを読む

スポンサーサイト

『ソース ― あなたの人生の源はワクワクすることにある。』 

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。Mike McManus

ヴォイス 1999-10-01
売り上げランキング : 1931

おすすめ平均 star
star43年間生きてきて、自分を変えることができるヒントをつかめました!すばらしい1冊です。
star無理のない自然で、科学的なアプローチ
star宇宙語から地球語に翻訳されたバシャール

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『才能を引き出すエレメントの法則』に続いて、類書(?)のこの本を読みました。

この本の主張を一言で言うと、「自分がワクワクすることを全部やろう」です。

この本は、「やりたい事をやりたい」という本能を強く持ちながら
それを抑え付けがちな私を、開放してくれるような本でした。
具体的にはこの箇所を読んで、そう感じました↓


自分のしたくないことのために無理するのはやめましょう。
中途半端な人生を受け入れる必要はありません。
毎日あくせく働いた代償として、途方もない疲労感にさいなまれる生活は
もうやめましょう。自分の無力を感じながら、ただただ我慢するだけの
生活をつづける必要はありません。自分の心を満足させてくれない
仕事や生活を選んで、苦しみつづける必要はないのです。(p. 11)



これはまさに、今の私に向けたメッセージだと感じました。

続きを読む

『才能を引き出すエレメントの法則』 

才能を引き出すエレメントの法則
才能を引き出すエレメントの法則金森 重樹

祥伝社 2009-07-28
売り上げランキング : 7216

おすすめ平均 star
starすべてを捨てて夢中になれるか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これは最近(日本語版が)発売された本なのですが、
「この本の主張は、私が考えていることや私が人々へ伝えていきたいことに
通じているかな?」と思い、読んでみました。
いわば、自分の信念(良いと考えていること)を再確認し、強化するために
手に取ったのです。


「エレメント」とは、「好きなこと」と「得意なこと」が出会う場所のこと。
この本は全体的に、「自分のエレメントを見つけ、それを実現すると
こんなに良いことがあるよ」
という内容です。
これは、私がこの本を読んだ当初の目的通り、私の考え(信じていること)と
合致していました。


しかし、この本を読むうちに、当初の目的(予想)とは異なった所から
今の自分に対するこの本からのメッセージを受け取り、感動しました。

続きを読む

『それでも仕事は「好き!」で選べ』 

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)
それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)ワタナベチヒロ

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-07-16
売り上げランキング : 5003

おすすめ平均 star
star確かに
starこれから好きなことを見つけるのが楽しみです! ありがとう!
star自分のために書かれた本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有楽町の三省堂の前をたまたま通りがかったら
ショーウィンドウにこの本のポスターが貼ってあるのを見かけ、
速攻三省堂に入ってタイトル買いしてきたのが、この本。
(出版社&三省堂の方、ポスター効果ありましたよ!)

この本のタイトルは私の信条そのものであり、
私は、自分のやりたいことを通して
この信条を発信していきたいという思いもあります。


この本全体から伝わってきたメッセージは、

「好きなことを仕事にするために行動する、という勇気を持ち
その一歩を踏み出しなさい」


というもの。

「自分の好きなことを仕事にするなんて、ごく一部の運と才能に恵まれた
自分とは違う特別な人だけの特権でしょ…」
などと「好きなことを仕事にする」ことを諦めている方、
やる気がいまいち上がらない方に向けて
炎を灯すような内容の本でした。

特に、


本気でやりたい仕事をしたいのなら、忙しさは理由になりません。(P. 31)


という一文は、グサッと来るかと思います。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。