スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能力を最大限発揮する方法/『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術』 

成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス
成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネスジム レーヤー トニー シュワルツ 青島 淑子

阪急コミュニケーションズ 2004-10-22
売り上げランキング : 27141


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人の能力を最大限発揮させるにはどうすれば良いか?」

これは、私が追究していこうと決めたthemeです。
このthemeについて全体的な枠組みを述べている考え方に、この本で初めて出会いました。

「全体的な枠組み」とは、人の能力の源泉を(著者が考え得る範囲で)全て網羅していること。
「自分が好きな事をすれば高い能力を発揮できるよ」という考え方ーこれも私が追究していきたいthemeですが―は、あくまで高い能力を発揮させる方法の1つです。人の能力発揮度合いを決定する要素は、他にもあります。例えば、「睡眠の充分さ(寝不足でないこと)」、「心の安定度合い」、そして「環境の快適さ(暑すぎたり寒すぎたりしないなど)」があります。

これまで、これら要素の個々を取り上げた話は見聞きしてきました。しかし、要素を全て紹介して体系的に図説している本は私にとってこれが初めてであったため、新しい発見が多く、大変勉強になりました。


内容紹介

「どのような逆境のなかでも100%の実力が発揮できるようにする」ための方法を紹介(第一部)。さらに、それらの方法を実践し、習慣化させるための方法についても解説(第二部)。

目次は邦訳版の出版社(阪急コミュニケーションズ)の紹介pageをご参照ください。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。