スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【先延ばし癖】他人へ進捗報告する場を設ける 

今回は、「先延ばし癖」への対処法についての話です。


「先延ばし癖」とは、

「(時間に余裕はあるけれど)自分のビジョンについて
何かをやる気は起きないなー」

「別に今やらなくてもいっかー」


などといって、ビジョン実現へ動くことを延ばしてしまう状態のことです。
夏休みの宿題や試験勉強をついつい先延ばしにしてしまうのと同じです。
(「時間が取れなくて先延ばしにしてしまう」という事象もよく発生すると
思われますが、これについては別記事にて取り上げます)

確かにビジョン実現は緊急度が低く、ついつい後回しに
なってしまいます。
そして、せっかく掲げたビジョンも、それを書いたノートなどを見返すまで
忘れ去られる存在に…なんてこともあり得ます。
「夢に日付を!」という方法もありますが、自分との約束は
結局「自分が許せばOK(約束破棄できる)」になってしまうので
あまり効果が見込めません。

…そう、逆に考えれば、「他人と約束すれば良い」のです。

具体的には、他人へビジョン実現への活動進捗報告をする場を
定期的に設ければ、それに向けて頑張ろうという意欲がわき
ビジョン実現へ動くことができるのです。
「他人の前で良い格好をしたい(『ちゃんと活動した』と報告したい)」という
欲(?)が良い方向に働きます。
また、他人へ報告することで、自分では気付かなかった視点に
気付いたり、励ましの言葉をもらってモチベーションが上がる事も
期待できます。

もちろん、この報告相手は誰でも良いわけではありません。
最低限、自分のビジョン実現を応援してくれる人である必要があります。
できれば、報告内容に対してアドバイスしてくれる人だと
なお良いですね。


****************************************

あなたが(特に定期的に)やると決めたことを
先延ばしせずきちんと実行できたのはなぜですか?
もしこの記事で取り上げたもの以外の方法であれば、
コメント等で教えていただけると助かります。

****************************************

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。