スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス英語力が「行きたい道を阻む壁」なら、勉強しよう! 

「日本企業にもついに、グローバル化の波が!」
「日本企業に勤める人にも、もはや英語力が必須の時代になりつつある」


ここ数年、このような主旨の話を見聞きすることが多くなりました。
元々、このような時代の到来はもっと以前から「そのうち来る」と言われつつもなかなか来なかったわけですが、ついに「到来」したようです。

TOEIC受検指導をされている中村澄子さんによると、近年「TOEICで一定の点数を取得することが昇進や異動(英語を使う部署?)の必須条件なので、短期間でTOEICで○○点を取りたい」という日系企業の会社員の方が、ちらほらTOEIC試験対策講座にいらっしゃるそうです。


ということは今後、英語力(具体的にはビジネス英語力)がキャリアの自由度に関係してくるのでしょうか?
つまり、たとえ英語自体を仕事とする英語教師や翻訳家などの職業でなくとも、自分の英語力の低さが理由で希望の仕事に就けない…という事態が珍しくない時代が来るのでしょうか?であれば、私達はどうればいいのでしょうか?

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。