スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功法は万人向けではない? 

書店の自己啓発本やビジネス本の売り場へ行くと、成功法を紹介する本が数多く並んでいます。
しかし、それらの「成功法」は果たして万人にとっての成功法なのでしょうか?


私は、いわゆる「成功法」には2種類あると考えています。

・万人に共通の成功法
→その成功法の通りにやれば、誰でも成功できる方法。成功法がその1通りしかない場合も。
例)道順、機械の操作方法

・人により成功できる(成功しやすくなる)成功法
→特定の資質や能力、環境を必要とする成功法(成功法=環境×資質×能力)
成功法は1通りとは限らない。
※資質=生まれ持った性格や能力。心理的に気軽にできる/できないもの。大して訓練しなくとも上手にできるもの/その逆など。

例)「英会話が上手くなるには、外国人がよく来る店に行き外国人に話しかけまくれば良い」

実行者が行ける範囲に「外国人がよく来る店」がある必要がある・・・環境
「人見知りしない」・・・資質
「見知らぬ人に話しかけられる」・・・資質による所が大きい
「初対面の人と会話を弾ませられる」・・・資質による所が大きい

上記の条件を満たす人でないと実行自体が難しい上、いざ実行(話しかけ)しても会話が続かず成功(=英会話上達)できない。


自己啓発本やビジネス本で紹介されている「成功法」は後者です。「勉強法」も後者かもしれません。
人によって、性に合う方法/合わない方法があるのです。また、ヒット商品を生み出したりお金持ちになる方法は1通りではありません


ですから、成功法を学ぶ際には、

・その成功法は2種類のうちどちらか?
・後者の場合、その成功法は自分&自分の状況にも適用できそうか?


を吟味することをおすすめします。
そうすれば、「せっかく本に書いてあった通りにやったのに上手く行かない!(以下、成功本への愚痴)」といった事態を防げるかもしれません。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://flameofvision.blog88.fc2.com/tb.php/81-a80f032c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。