スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン面接で遠くの企業も受けられる! 

米国の新聞Wall Street Journalによると、米国では今年になってWebカメラ(=Webcam)を使用してのオンライン面接が普及してきており、なんと1次面接の42%がWebカメラを使用してのオンライン面接になる見込みとのことです。

元記事: Seeking Work? Ready Your Webcam



普及の理由は「時間&金銭のコスト削減」

なぜオンライン面接が普及してきているのでしょうか?

その理由はズバリ、「コスト削減」との事です。

■時間コストの削減
・応募者の移動時間が0に
これに加え、応募者が渋滞などで面接に遅刻するLiskも0になります。

・One-way面接(※)であれば、面接官の面接での質問に要する時間が1回分で済む
※面接官からの質問を事前に録画しておき、それを応募者に見せて回答してもらう形式

■金銭コストの削減
・交通費が0に

・One-way面接の場合、面接官の人件費が浮く(Video録画の1回分のみになる)

米国も相変わらずの不況だそうですから、極力コストを減らしたいという企業心理が影響しているのかもしれません。


デメリットは「予期せぬ邪魔が入るおそれがあること」

とはいえ、応募者は自宅で面接を受けるため予期せぬ邪魔が入ることもあるそうです。具体的には、家族や家政婦、ペットの乱入です。オンライン面接中に家政婦さんが部屋に入ってきて、PC画面をのぞき「誰と話してるんですか?」と応募者に尋ねるケースもあったとか。
しかし、このようなHappeningがあった際の応募者の対処の仕方も、バッチリ面接評価の対象になっているそうです。Happeningの際は素が出ますからね。

この乱入Happeningを防ぐためには、事前に家族や家政婦へ「○時から部屋で面接するから、部屋に入らないように」と伝える必要がありますね。

---------------------

以下、記事を読んでの私の感想です。

日本でも普及して欲しいオンライン面接

オンライン面接、いいと思います!ぜひ日本でも普及して欲しい。


理由は、オンライン面接は応募者にとっても遠隔地の企業を受ける負担が減る=受けられる企業の選択肢が広がるからです。

遠隔地の企業を受けるのは、金銭的にも体力的にも大変です。特に、金銭的に余裕がない方々(学生や無職の方々など)は、受けたい企業(働きたい場所)が自宅から遠いというだけで選択肢から外してしまうでしょう。そのような方々にとって、オンライン面接は就職活動できる範囲を広げる方法です。

また、電話やWeb上のやり取りだけでできる仕事であれば、自宅から遠く離れた、極端に言えば海外の企業に雇われる事も可能です。日々の仕事だけでなく採用選考でも企業へ行く必要がなければ、受ける企業が自宅から近いかどうかを気にする必要はありません。
(もちろんBusiness英語がある程度できることが前提条件ですが)


例えばSkypeを使えば、1vs1のVideo面接はもちろん、GroupでのVideo面接(集団面接)も可能です。
※主催者のアカウントが有料アカウントである必要があります。

ぜひ、日本でもオンライン面接が普及して欲しいと思います。

自己分析には片付けが有効!? 

自分が本当にやりたいことや自分が大切にしている価値観を明確にするには、周囲の雑音や雑念をShut Outし、自分自身の心に向き合うことが必要です(まるで瞑想みたいですね)。


自分の心の声と向き合う際は、視界をClearにする

で、この「自分の心の声」と向き合うための環境づくりには、静かな場所で一人きりになることはもちろん、視界からも雑念が入らないことがPointです。
考え事や「○○をやろう」と思っていたところに、気になる広告やモノが目に入ってきてそちらに気を取られてしまい、「あれ、何考えてた(orしようとしていた)んだっけ???」という経験をされたことがあるかと思います。また、モノが溢れている机やDesk TopがIconだらけのPCよりも、何もない(に近い状態)机やPCの方が自分の頭の中もスッキリします。


視界をClearにするには?

では、雑念が入らないように視界をClearにするには、どうすれば良いのでしょうか?
自分の心の声と向き合う場所の主な候補として「自宅」があるかと思いますが、今のあなたの自宅は、心がClearになる場所でしょうか?何だか心がザワザワしてしまいませんか?


もし心がザワザワしてしまうのであれば、それはなぜでしょうか?
考えられる理由として、↓が挙げられます。

・「片付けなきゃ」「掃除しなきゃ」などの「○○しなきゃ、とは思いつつもやっていない」場所(orこと)がある

・「使わないけれど捨てられない(人からもらった、もったいない等の理由で)」モノがある


もしこれらが原因であれば、解決策はズバリ…

「片付けること」!!!


「正しい」片付け方で片付ける

とはいえ、「自分が片付けられる人間ならこんなに散らかってないよ!」という方もいらっしゃるかもしれません。かくいう私も、いかんせん昔からやる気の波が激しい人間なもので、片付ける気が起きた時は怒涛の勢いで片付けるのですが、そうでない時、特に忙しい時は色々なモノを積み上げたり放置することも…

ということで、ここ半月ほど一人でいられるまとまった時間が取れなかったのもあり、家の中や頭の中、はたまたTo Do Listなど色々ごちゃごちゃとしてきたので、ここらでいっちょ片付けをして物理的に「余分なモノを排除(Detox?)してスッキリ」することにしました。

とはいえ、せっかく時間と労力をかけて片付けた場所がまた元通りになる、なんて事態は極力避けたい…。

そこで、以前から気になっていた『人生がときめく片づけの魔法』を読みました。

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法近藤 麻理恵

サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 64


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑のAmazon画像にはないのですが、この本の帯に「片づけ後のリバウンド率ゼロ!」というCopyがあって、それにひかれて買いました。

著者によれば、「片付けられない」のは「正しい」片付け方で片付けていないからであり、「正しい」片付け方で片付ければ、誰でも「片付けられない地獄」から脱出することができるそうです。(p.23より)

では、その「正しい」片付け方とは…?というのは、この本の肝なのでぜひ本をお読みください

ざっくり言うと、Pointは「そのモノに直接触れてときめくかどうか」「片付けに着手する順番」ですね。
それらに加え、本書では多くの方々溜め込んでいそうな「捨てるのに迷うであろう種類のモノたち(もらい物など)」「洋服の予備ボタン」「謎のコード類」などの取捨選択法についても書かれていて勉強になりました。

…ということで、せっかく買って読んだからには実践!!ということで本の通りに「正しい」片付けを実践してみました。

が、今日1日では終わらなかったので、一通り完了したらその効果(実践結果)についてレポしたいと思います

目標志向=先送りしがち?『いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法』 

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法
いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法佐々木 正悟

中経出版 2010-02-26
売り上げランキング : 9727


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在、これを読書中。
私がRSS購読している「シゴタノ!」の執筆者の一人、佐々木正悟さんの本。

この本を買うって事は・・・

・・・ええ、私は自他ともに認める「いつも先送りする人」です


佐々木正悟さんは認知心理学を専門にされているそうなので、この本は認知心理学の観点から「人はなぜ先送りするか?」「どうすればすぐやれるようになるか?」という事を語った本のようです。

※「認知心理学」とは、人間の「知覚,記憶,思考といった心的機能の中でも知的側面」について研究する分野だそうです。
参照:教心ネット 学校心理学講座(認知心理学)

まだ18/50の方法しか読んでいないのですが、早速衝撃を受けた箇所があったので共有させていただきます。

特に、目標志向のあなたは必読だっっ!


ゴールばかりに注目する人は目の前の事を先送りしがち!?

続きを読む

大学進学は就職のため? 

大学へ入学した読者の皆様、なぜ大学へ行きましたか?
たとえ日本の全てor大多数の企業が採用条件に「大学(院)卒業見込み」を設けていなくても、大学へ行きましたか?


大学進学と就職との関係につきまして、印象的なWeb記事を読んだのでご紹介します。

「生活苦、教育費負担、就職難――これを苦に自殺する若者たち」(日経ビジネスONLINE)

この記事で一番驚いたことは、この記事の話の舞台が日本ではないということでした。日本ではなく、韓国の話なのです。
韓国といえば、近年では日本以上の(特に大学の)受験競争の加熱ぶりが有名ですね。


この記事によると、韓国の若者達は

結婚したり子供をつくって養うためにはそれなりの稼ぎが必要
→それなりの稼ぎを得るには企業へ就職することが必要
→企業へ就職するには大学(院)へ行き、新卒で企業から内定をもらうことが必要
→大学受験競争が過熱


という状況だそうです。

また、大学のサークルでは、就職に結びつくようなサークル(就職のための英語サークル等)が人気だそうです。

大学に行くために塾に通い、就職するために大学に通うような生活。何のために生きているんだか、むなしくなる。


…うーん、これ、どこの日本?

さらに韓国では、学費や(学生の)生活費を捻出するために学生がアルバイトをたくさんする必要があり、そのことが学生を余計に苦しめているそうで、上記のWeb記事はこちらをmainとして話を進めています。…が、当blogは「キャリア」の観点から、「日本における大学進学と就職」をmainとして話を進めていきます。

続きを読む

「長期的に見て」仕事もプライベートも充実できる社会へ 

前の記事では、「ワーク・ライフバランス」のコンサルタントとして有名な小室淑恵さんの話し方について書きましたが、今回は「ワーク・ライフバランス」そのものについての私の考えを書きます。

その考えを一言でいえば、「もっと多様な生き方(特にキャリア)が可能な日本に!」ということです。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。